SEに限界を感じたときの転職先

つぶしが利くのがSE

SE(システムエンジニア)は別の仕事に転職しようと思っても「つぶしが利かない」と思っている人もいますが逆です。

 

SEほどつぶしの利く仕事はありません。

 

まず、IT知識がウリになります。いまや、どんな業種でもITなしには生き残れない時代になっています。このため、趣味としてでなく業務としてのITに詳しい人は常に必要とされています。

 

ITに詳しいは大きなウリですが、他にもあります。意外と自分では気が付いていないことも多いので面接のときの自己PRの参考んなどにしてみてください。

 

IT知識以外でSEのウリとなるもの

プロジェクト経験

SEにとってシステム開発の仕事はプロジェクト形式ですることが当たり前ですが、すべての仕事がそうではありません。むしろ、ルーチーンワークの仕事のほうが多いものです。

 

プロジェクトとは、その都度集められたメンバーで役割分担をしながら仕事をしていくことです。いつものメンバーでいつもと同じ作業をいつもの手順でしている仕事とは違います。

 

新しいことや今までなかったことに取り組むため、このプロジェクト形式の仕事がどの業界でも増えてきています。そうした際にSEの経験がウリになります。

 

トラブル対応力

SEなら誰でも障害対応などトラブルを切り抜けてきた経験があると思います。こうした経験が品質管理の自分なりのノウハウとして蓄積されてるハズです。

 

また、トラブルを乗り切ったことは打たれ強さの証明にもなります。どの仕事でも求められるものですので積極的にアピールできます。

 

ものづくりの経験

システムを作ったものづくりの経験もウリになります。当たり前すぎて忘れがちですが重要です。

 

SEの場合は、上流工程から下流工程さらには納品後まで顧客と関わることが多く、このように商品開発の全体を通して関われる職種はほかにあまりありません。

 

要件定義で顧客のユーズを聞き出して形にしたことや開発工程の中で創意工夫をしたなどは他の職種に転職する際にも大きな売りとなります。