何歳までSEとして働けるのか?

35歳が限界だとされる理由

SE(システムエンジニア)の仕事は35歳が定年だといわれることが多いのですが、その根拠について調べてみました。

 

1.最新の技術についていけない

SEの仕事は最新の技術を常にキャッチアップしていく必要がありますが、こうしたことが30歳を過ぎるとキツくなるというのがSE35歳定年説の根拠のひとつです。

 

SEの仕事をしている以上、常に新しい言語や開発環境などを取得することが必要です。20代の頃は難なく出来たのに、30歳を過ぎると難しく感じるというSEは多くいます。

 

30歳ともなると今までに覚えたものが多くなり、その枠組みの中で考えてしまおうとするため、新しい考え方などについていけなくなることが原因と思われます。

 

2.体力的に無理がきかない

SE35歳定年説のもうひとつの根拠は体力的な限界です。

 

SEの仕事であれば、納期前などスケジュール的に無理をしなければならないことが避けられませんが、こうしたことが体力的にきつくなってくるというものです。

 

20代の頃であれば徹夜作業が続いても、睡眠をとれば復活!できたことも、年齢とともに疲れが抜けにくくなるのは誰にでも起こります。

 

特に運動不足になりがちなSEの場合は、この肉体的な衰えを感じるスピードが速いようです。

 

35歳以降は働き方を変えることが必要

では、35歳で定年かというと、そんなことはありません。

 

30代後半や40代になってもSEとして働いている人は多くいます。
ただし、こうした人たちは20代の頃とは働き方を変えています。

 

若手に任せる部分は任せて、自分の経験を活かせる業務の割合を増やす。具体的にはマネジメント業務などに注力している人が多いようです。

 

逆に20代の頃と同じような働き方をしている人もいますが、見ていてかなり辛そうです。

 

SE35歳定年説は20代と同じような働き方しかできないのであれば正しく、違う働き方が出来るSEにとっては当てはまらないと言えそうです。