SEに限界を感じたときの転職先

SEの転職先の王道

SE(システムエンジニア)からPM(プロジェクトマネージャ)やITコンサルタントに転職するのは王道ともいえるパターンです。

 

実際にそのように転職した人も多いですし、同じ会社の中でもその方向に職種が変わることが多いものです。

 

王道のよいところは路線が確立されていることです。そのため募集案件が多いのが魅力のひとつになっています。

 

また、転職理由としても、「SEの仕事を経験する中で、より上流工程の仕事に興味を持つようになった」というのが筋が通っていてキレイなのも良いところです。

 

ただし、PM(プロマネ)とITコンサルは違った職種ですので、その中身を知って、どちらに適性があるかを見極めることが必要です。

 

プロマネとITコンサルの違い

SEにとってはどちらもなんとなくイメージのつく仕事だと思います。特にプロマネの仕事の一部(進捗管理など)は経験しているSEもいるかもしれません。また、ITコンサルと一緒に働いたことがある人もいるかと思います。

 

ただし、実際に自分が転職するとなると適性を知る必要があります。

 

プロマネに向く人

プロマネの仕事を一言で言うと、「限られた条件の中で、よりベターなものを作り上げる」です。

 

プロジェクトはお金、人材、品質、納期が限られています。もちろん、お金や人材をできるだけ引っ張ってくることも仕事の一部ですがメインではありません。ベストではないけれでも、この条件の中では最良のものを作り上げることが一番の仕事です。

 

このため理想主義であるよりも現実主義者であることが求められます。

 

ITコンサルに向く人

一方、ITコンサルの仕事は「理想を画にする」ことです。

 

ビジネスにとってどんなシステムが望ましいのか。これを突き詰めて考えることが必要とされる仕事です。技術的なアドバイスをするといことも仕事の一部ですが、その背景にはビジネスにとってのあるべきシステムがなければなりません。

 

このことから理想を追求する姿勢が求められる仕事です。

 

あくまで、プロマネやITコンサルとして成功している人をみて私が経験から感じたことです。別の意見の人でも、自分なり見解は持っていました。転職を考えているのであれば、少なくとも自分なりの考えは持つ必要があります。