SEに限界を感じたときの転職先

SEの知識を活かせる職種

いまやどんな会社でもシステムなしでは業務が進まなくなっているので、SEとしての知識が重宝される職種が増えています。

 

同じIT業界の中にもSE(システムエンジニア)としての知識や経験を活かせる職種があります。

 

例えば、営業職。SEとしてしか働いたことがないと視野が狭くなってしまいますが、いまや営業の仕事はものを売ることだけではありません

 

「営業」の仕事を広く考える

営業職というとモノを売る仕事というイメージしかない人もいるかもしれませんが、いまやそのような営業は限られた業界にしかいません。

 

少なくともIT業界では、モノを売るだけの人間は必要とされません。モノに付加価値として何をプラスできるかが勝負になっています。

 

ソリューション型営業とか企画営業とか呼び方は会社によって異なりますが、目指すものは同じです。顧客のビジネスにとって最善のものを提案するということです。

 

SEならではの提案

ここでSEの知識や経験が重宝されます。「絵にかいた餅」とならない技術的な裏付けのある提案ができるのがシステムエンジニアならではです。

 

営業(売り込み)と考えると抵抗があるかもしれませんが、要件定義の前にある提案だと考えれば、SEの腕の見せどころです。

 

SEから他の職種への転職を考えているのであれば、自分には無理だとか営業職を毛嫌いせずに、検討してみることをオススメします。