SEに限界を感じたときの転職先

他の業界への転職なら社内SEが王道

年齢や体力の限界からSEとしてこのまま働き続けるのが限界だと感じたときの転職先候補としてはユーザ企業側の社内SEが考えられます。

 

これがSEが他の業界に転職しようとするときに最も身近な職種です。

 

プロジェクトなどで一緒に働いたことがあれば、その役割などもイメージしやすいかと思います。

 

社内SEに転職する方法としては、転職サイトに登録して案件を紹介してもらうのが一般的ですが、一緒に働いたことのあるユーザ企業側の人に引っ張ってもらうケースもあります。

 

ただし、SIer、開発会社側と社内SEでは求められる能力も違います。

 

社内SEに求められるもの

社内SEには社内調整力が求められます。社内のシステム開発を取り仕切るためには、優先順位など含めて部門間の調整が必要です。

 

独特のパワーバランスがある会社も多いので、こうしたことも考慮に入れて働かなければなりません。言い換えれば、今まで以上にコミュニケーション能力が重要になってきます。

 

SEの仕事でもいろいろな場面で必要な能力ですので、ここに自信がある人は社内SEに向いていると言えます。

 

ビジネスに詳しくなる

ユーザ企業側で働くには、やはりビジネスに詳しくなければなりません。会計や経営などの知識もそうですが、最初に身につけたいのは業界知識です。

 

その業界にいる人間ならば、知っていて当然ということはいくつもあります。社内SEに転職すると、技術者だから知らなくてもいいというのが通用しなくなります。

 

働きながら身に付けることもありますが、その前に業界紙のチェックなどできることはしておくことが大切です。