SEに限界を感じたときの転職先

同じSEでも業務範囲は違う

SE(システムエンジニア)の仕事と考えられるものは数多くあります。

  • ユーザとの要件定義
  • フィージビリティ検証
  • 方式設計、外部設計、内部設計
  • プロジェクトの進捗管理
  • プログラマーへの指示出し
  • テスト工程の設計と実施
  • 障害報告など各種報告書の作成

などなど、書き出したらキリがないほど。
ただ、何をどこまでやるかは同じSEと呼ばれる職種でも会社や組織により全く異なります。

 

小さな組織にいる場合は、どうしても「何でも屋」的な働きをしなければなりません。その結果、「もう限界!ムリ!」と思ってしまいますが、何でも屋でない専門的なSEの仕事もあります。

 

SE自体を辞める前に、そうした別のSEの形を転職先として検討してみるのアリです。

 

なんでも屋ではない専門職SEとは

専門職SEといっても特別な名称があるわけではありません。

 

会社や組織の中でシステムエンジニアの役割を限定しているということです。

 

例えば、要件定義を固める部分は営業の責任としている会社もありますし、プログラマへの指示やテスト工程は協力会社にお願いしているというところもあります。

 

基本的に組織が大きくなれば、職種ごとの専門化が進むので、自然ととシステムエンジニアの仕事も限定されてくるというものです。

 

ただし、限定される範囲は会社や組織によって異なります。プロジェクト管理だけということもあれば、各種報告書を作成するだけということもあります。

 

どこで専門職SEを知るか

どこまでをSEの仕事としているかは組織により異なるため、インターネットなどで公開されている情報はありません。

 

これを知るには、勉強会や交流会に参加して他社のSEから話を聞くのがひとつの方法です。ただ、知り合っていきなりだと表面的な話にしかならないので、ある程度、親しくなってから聞き出す必要があります。

 

もうひとつの方法は転職支援会社のコンサルに聞くことです。

 

この場合、自分はSEの中でも「こんな業務に興味があるのだが、いまはなんでも屋的な扱いでそうした仕事があまりできない。」という風に話を持っていけばスムーズです。

 

いずれにしても、いまの自分の仕事の形だけがシステムエンジニアの仕事だと思わないようにすることがポイントです。特に中小企業に勤めている人は要注意です。